風俗に行く人が増えた理由

お金だけじゃないんですね

ピンサロのイメージって、言うなれば「安い」というものだったんです。風俗の中では圧倒的と言っても良いくらい安いじゃないですか。それが売りかなって思っていたんですよね。でも実際にこの前ピンサロに行ってみて、これは凄い可能性を秘めた風俗なんじゃないかなって思いました。なぜなら、ピンサロって他の風俗と違う部分が多いじゃないですか。例えばヘルスとデリヘルなんて派遣するかお店かくらいのもので、そこまで大きな違いはありませんし、性感マッサージであれば攻めるのが基本という点。それくらいのものじゃないですか。もちろんその微妙な違いがそれぞれの個性の違いを生み出すものだということもよく分かってはいるんですけど、それを差し引いたとしても、この前のピンサロは他の風俗と全然違うなと。それでとにかく楽しめましたし、これ一回で終わらせるのは勿体ないなって気持ちにもなりました。もっともっと楽しみたい。それが本音なので、ピンサロにハマろうかなと。

心の拠り所そのもの。それが風俗

大げさじゃなく、風俗は心の拠り所なんですよ。他に頼れる存在がないのもそうですけど、辛い時とかフラストレーションが溜まっている時とか、あまり他人に会いたくない時にでも風俗だけは別なんですよね。むしろそういった時こそ風俗に行って気持ちを発散させることで、自分の気持ちが一度リセットされるような気がするんです。その点では、これ以上大切なものはないんじゃないですかね。本気でそう思うんですよ。実際問題、風俗はとっても楽しいことなのは言うまでもないんですけど、男として快感ってだけの話じゃなくて、プラスアルファでいろいろな気持ちになれるのが風俗の大きなメリットだと思うんですよ。だから自分の中で、風俗の存在ほど大きな物はないんじゃないかなって思っていますけどね。だから、自分は適度に風俗に行くようにしています。性欲が溜まっている時はもちろんですけど、気持ちがモヤモヤしている時にも風俗に行って思い切り発散するんです(笑)